業務で機械を利用する場合には、その機械の耐久性が重要です。

業務内容によっては頻繁に酷使することも多いため、一般向けの機器では故障してしまう恐れがあります。

作業現場で酷使しても、十分に耐久力がある機械を導入してこそ、業務での作業に役立ちます。バーコードもまた、作業現場によっては頻繁に利用され酷使する環境にあります。

その場合に、できるだけ高い耐久力がある製品を選ぶ必要があります。

機械の故障率を下げるための方法としては、駆動する構造をできるだけ減らすという点があります。

機械的に動作する構造を持っていれば、その動作の度に部品が少しずつ磨耗していきます。



そのため、できるだけ構造がシンプルで消耗の心配の少ない構造を持ったバーコードリーダーを選ぶ事が堅実です。

Yahoo!ニュースに関連した書きかけ項目です。

レーザー方式によるリーダーの場合には、ミラーを用いてレーザーの方向を変える必要があり、駆動部分を持っています。

バーコードリーダーを「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

一方で、CCDセンサー方式の場合には、コードを一度に光学的に読み込む事ができるため、構造がシンプルであるという特徴があります。
耐久性の面で言えば、CCDタイプのパーコードリーダーであるほうが優れています。


ただし、CCDタイプの読み取り機の場合には、レーザーによるものよりも読み取り精度で落ちる点があり、場合によっては読み取る事が難しいバーコードもある事から、注意が必要です。タイプに合わせたバーコードリーダー選びで、長くリーダーの機器を使い続けられます。




Copyright (C) 2015 バーコードリーダーの機械の耐久度 All Rights Reserved.