財務がわかるようになると株式投資が面白くなる


財務がわかるようになると株式投資が面白くなる

長いこと株式投資をしていますが、自分は企業の財務内容を重視しています。


財務内容が良ければ、研究開発も積極的にできますし、先行投資を行うこともできます。

さらなる成長を見込むことができるというわけです。


特に重視している指標が流動比率と自己資本比率です。

流動比率は、手元資金の余裕度を表す指標ですが、この比率が高ければ高いほど、資金繰りの面で不安がありません。

十分すぎるほどの流動資産を保有している企業の中には、株主配当をしたり、自社株買いをしたりするところがあります。このような政策は株主にメリットがあることです。自己資本比率は企業の健全度を表します。

即日の消費者金融の情報が豊富です。

自己資本比率が高い企業は、利益剰余金が積み上がっていることを表します。


しばらく、多少の赤字が続いても経営が危機的状況になるようなことはありません。

個人的には、流動比率と自己資本比率が一定以上という条件があります。

この条件を満たしたうえで、事業が社会に必要とされているのかどうかということを確認するわけです。

社会に必要とされている企業であれば、安定的に利益を上げることができます。

そうなれば、株主への還元も継続的に行われます。自分の株式投資のスタンスは、長期保有です。

一度購入した銘柄は保有し続けています。

財務内容の良い企業を選んでいるので、利益を出し続けている限りその恩恵を享受することができます。

そのため、多少の含み益が出ているからと言って焦って売る必要もないのです。

あなたの知らない消費者金融の即日融資に関する疑問を解消してください。

自分の経験から言うと、流動比率が高い企業はキャッシュリッチである場合が多いです。
キャッシュリッチな企業でPBRが1倍を大きく下回るような企業は特に注目をしています。

消費者金融の金利のマニアックな情報をお届けします。

現金の使い道がないために、株主還元を積極的に行おうと考えだすからです。

キャッシュリッチな企業に投資をすれば、インカムゲインも期待できるし、買収によるキャピタルゲインも期待できるということです。
株式投資をする際には、多少財務内容を確認しておくことをお勧めします。